プリウスがこんなに高くうれるとは

我が家はここ4年間プリウスにお世話になっていました。

 

ここ数年のハイブリットブームに乗っかって、ガソリン代が安く済む上に環境に優しいのであれば、と即決したのでした。

 

車のディーラーさんから連絡があったのは最近の事です。

 

新型プリウスに変わってから、旧プリウスが欲しいというお客様が多数出てきたということでした。確かにデザインが全然違います。

 

旧プリウスの方が形が好きなのでそっちが欲しいという方が多くみえるので中古市場で人気がでるかも、今プリウスは売り時かもしれませんよというような話でした。勿論、本当の話かどうか確認などできませんし、そうなのー?と、車に関してほぼ無知な私はただただ聞いていました。

 

ディーラーさんとしては、それを売って新車を買ってくれという営業ですね。こういった営業さんは本当にお話が上手とみえます。

 

 

たまたまですが、我が家は子供が一人増えていました。プリウスよりもスライドドアの付いたファミリー向けのミニバンの方が便利じゃない?と夫婦でおもっていたところでした。

 

丁度機会が合ったということで車売るならどこがよいか調べてみると、我が家のプリウスはスポーツタイプの少し変わったデザインのG,sという車だったので少し高く売れるらしく、今すぐに売れば150万(頑張ればもう少し)ということでした。確か250万程で買ったので、100万円落ちくらいということになります。

 

これは、おそらく担当の方が頑張ってくれた結果の値段だと思いますが、4年乗ってこの値段で売れるのであればまぁまぁいい(車に詳しくないのでもしかしたらとても良い?)のではないかなと思いました。

 

 

それからはとんとんと話が進み、プリウスを売ったお金でミニバンを買いました。勿論売ったお金の範囲内では買えませんでしたが、少しお金を足すくらいで買うことができました。車には売り時というものがあるんだなと、今回初めて知りました。今回買った車もきっと売り時があります。

 

ディーラーさんによると、ミニバンはいつも人気なのでなかなか値段が落ちません。しばらく乗っていても割と高く売れると思いますよ。と教えてくれました。

 

また新しい車を考える際には、またこういった専門の方に相談して決めたいと思いました

日本の中古車市場が活発になることに期待

私は昨年までアメリカで生活をしていました。アメリカは車社会で、郊外で生活するならば車がなければ生活ができないくらいでした。渡米してすぐに70万円の中古車、日産のTIDAを購入しました。2年間ほぼ毎日乗って帰国するときに売ったのですが、20万円で買い取ってもらい、日本に戻ってからの生活を立ち上げるための足しにしました。私自身、生まれて初めて車を売却するという体験で、70万円で買った車を20万円で売れるなら車の買い替えがしやすいと感じました。

 

 

日本に戻ってから子供が生まれ、子供が乗れるような車に買い替えたいと思うようになりました。アメリカでの中古車市場のことしか知らなかった私は、三菱のミニカを下取りしてもらおうとディーラーに見積もってもらいました。120万円で購入し9年間乗った車で、それほど高値は期待していなかったのですが、見積もり価格はなんと5000円でした。ゼロが1桁間違っているんじゃないかと目を疑いましたが、何度見ても5000円です。子供のベビーカーを3万円で買った直後だったので、ベビーカーよりも価値の低い愛車だと思うと悲しくなりました。

 

 

 

思えば、アメリカは車だけでなく中古市場が盛んです。中古品を扱うお店がたくさんあるし、自宅のガレージで不用品を売るフリーマーケットのようなものが開催されれば、たくさんの人が訪れます。よって中古車市場も盛んで、中古車専門店は中古車を高く買い取っても、すぐに売れるから利益が十分あるのだと思います。

 

 

 

日本人はものが豊かなため、新しいものを求める傾向があります。それが中古車市場が盛んでないことにも表れているんだと思います。新車を買う人が多いけど、もともと持っていた車は中古車として買い取ってほしい。そうなると中古車があふれるけど売れないという悪循環になってしまいます。中古車を買う人が増えて、中古車市場が活発になれば中古車が高値で買い取ってもらえる。そうすれば車を買い替えやすくなり、車市場が活発になり、最近問題になっている若者の車離れも防げるのではないかと思います。

 

 

 

日本の中古車市場が活発になってくれるよう期待したいです。

5年目の車検をきっかけに車を売却

社会人になって初めて購入した車である日産のティーダ。2012年納車で走行距離は5万キロ程だったのですが、車検の時期も来年に迫っており、点検の時に車検の見積もりをしてみたところ15万円の見積もり結果が出てしまったのです。夏用タイヤもスタッドレスタイヤもそろそろ溝も無くなってきて危ない時期だったので、いっそのこと車ごと変えてしまった方が良いのではないかなと思い始めたのです。

 

そこで、まずはどうやって買取をしてもらうかを考えました。最初は新車を購入するのであれば下取りとして手続きをしようかと思ったのですが、まとめサイトを見ていると「買取業者の方が高く買い取ってくれる」と書いてあったので、買取業者を利用するのはすぐに決まりました。ですが買取業者によって査定金額も違うのでまずは回ってみることにしたのです。

 

まず注意したのが「査定前に車を綺麗にしておくこと」です。少しでも査定金額を高くするために洗車はもちろん、車内に掃除機をかけたりと徹底的に綺麗に見てもらえるようにしましたね。最後にはコーティングもかけました。

 

その後に買取業者を回ったのですが、金額は45万円・40万円・35万円と綺麗に5万円ずつ差がありました。その中で1番驚いたのが「綺麗に車に乗っていますね」の一言でした。今まで正直車の扱い方はとても雑で、小傷も多かったので逆にマイナス査定になるのではと思っていたのですが、状態も良いと査定されていました。コンパクトカーは査定がどうしても低くなってしまうと聞いていたのですが、その中でも高めの査定金額なのだとか。自分でも30万円いくかいかないくらいなのかなと思っていたのでこの高額査定は嬉しかったです。

 

結局最も高額買取金額をつけてくれた買取業者で買取依頼をしたのですが、業者によっては10万円も査定金額が違うところもあったので1社で決めなくて良かったなと思いました。次に車を買取する時も洗車をした上で、複数社回ろうと思います。